So-net無料ブログ作成
検索選択

カモ井加工紙株式会社 [他]

mt

CIMG4362.JPG

リボンハイトリ

CIMG4361.JPG
CIMG4363.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

[滋賀] メカニックデザイナー 大河原邦男展 ~ 6月16日 [おでかけ 関西]

CIMG4299a.jpg

・名称:「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
・会期:2016年4月17日(日) ~ 6月16日(木)
・会場:佐川美術館
 滋賀県守山市水保町北川2891
・開館時間:午前9時30分 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)
・休館日:月曜日

http://www.okawara-ten.com/

アクセス
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/use/access.html

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

青い袋のパン屋 [食べ物]

CIMG4290a.jpg

みんな店名を覚えているのかな。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

阪急梅田駅 日本ダービー広告 [乗り物]

CIMG4304a.jpg

赤い広告でちょっと違う雰囲気に。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子雀がやって来た! [すずめ]

P1340413a.jpg
P1340417a.jpg

あまりフレッシュな表情じゃないなぁ……。暑いからかなぁ……。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

駅でスプーン曲げ? [乗り物]

CIMG4281a.jpg

新大阪駅在来線ホーム

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ラジオボタン [他]

CIMG4273a.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

[記事] 作曲家の冨田勲さん死去 シンセサイザー音楽の第一人者 [おんがく]

http://www.asahi.com/articles/ASJ58019HJ57UCLV00T.html

作曲家の冨田勲さん死去 シンセサイザー音楽の第一人者
2016年5月8日13時08分

 シンセサイザーを使った電子音楽の第一人者、作曲家の冨田勲(とみた・いさお)さんが5日、慢性心不全のため東京都内の病院で亡くなった。84歳だった。

 1932年東京生まれ。慶応大在学中、朝日新聞社主催の合唱コンクール課題曲に応募し、1位となったことがきっかけで作曲の道へ。NHK大河ドラマの第1回「花の生涯」のほか、「新日本紀行」「きょうの料理」のテーマなどを作曲。漫画家の手塚治虫からの信頼が厚く、「ジャングル大帝」「リボンの騎士」などのアニメ主題歌も担当した。山田洋次監督「武士の一分」「母べえ」など映画音楽にも貢献した。

 71年、米国でモーグ・シンセサイザーを購入。74年、全パートの演奏と録音を1人で手がけたアルバム「月の光」を発表し、米音楽チャート誌のクラシック部門で1位に輝いた。その後も「展覧会の絵」「火の鳥」「惑星」といったクラシックの名曲を現代的な響きで「再創造」。たびたび米グラミー賞にノミネートされ、世界的な電子音楽制作者の地位を確立した。12年には宮沢賢治に想を得た「イーハトーヴ交響曲」を発表、ボーカロイドの初音ミクとオーケストラを共演させ、話題を集めた。

 03年に映画「たそがれ清兵衛」で日本アカデミー賞最優秀音楽賞。07年には電子音楽への長年の功績を評価され、第1回エレクトロニクス・アーツ浜松賞が贈られた。11年度朝日賞、15年度の国際交流基金賞受賞。

-----

http://columbia.jp/tomita/info.html

冨田勲氏、逝去のお知らせ
作曲家・シンセサイザーアーティストの冨田勲氏(享年84歳)が、
平成28年5月5日午後2時51分 慢性心不全のため東京都立広尾病院で逝去しました。
同日、昼ごろ自宅で倒れ、搬送先の病院で家族に看取られながら息を引き取りました。
葬儀は、5月7日、8日に親族のみで執り行われております。
ここに、謹んでご報告申し上げます。

冨田氏は、日本コロムビアで作曲家としてのキャリアをスタートさせ、
NHK大河ドラマの第1作や手塚治虫アニメの音楽などを多数手がけました。
1970年代からは、シンセサイザーをいち早く導入し、「月の光」や「惑星」など数々の野心的なアルバムを発表。
日本人で初めて米グラミー賞にノミネートされるなど、世界的な評価を受けています。
近年では、2012年にバーチャル・シンガーの初音ミクをソリストに組み込んだ「イーハトーヴ交響曲」を発表し、
国内外で上演を重ね話題となりました。
また、今年11月に上演予定の新作「ドクター・コッペリウス」の創作活動を逝去の直前まで行っていました。

故人の御冥福をお祈りします。

2016年5月8日
日本コロムビア株式会社

Isao Tomita, composer and synthesizer artist, died May 5, 2016 of chronic cardiac failure at 2:51 p.m. at Tokyo Metropolitan Hiroo Hospital.
He collapsed around noon in his home and was taken to the hospital, where he passed away with family at his bedside.
Private funeral ceremonies attended only by family took place on May 7th and 8th.‬
We announce this news with great sadness.‬

Tomita started his career as a composer for Nippon Columbia Co.,Ltd where he composed numerous works,
including music for the first NHK Taiga drama and animation of Osamu Tezuka.
In the 70's, he was among the first to introduce the analogue synthesizer to Japan
and released numerous ambitious albums like “Snowflakes Are Dancing” and “The Planets.”
He gained international recognition as the first Japanese artist nominated for a Grammy Award in the USA.‬
Recently, he released “Symphony Ihatov,” featuring virtual singer “Hatsune Miku” as soloist,
having many performances at home and abroad with much popular success.
Just before his death, he was preparing the performance of his new work “Dr. Coppelius,” planned for November of this year.

We pray that his soul may rest in peace.

May 8, 2016
NIPPON COLUMBIA CO.,LTD.

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

[カプセルトイ] mt ガチャ と 備前焼ガチャ [おでかけ 中国・四国]

岡山駅新幹線改札内

CIMG4217a.jpg
CIMG4219a.jpg
「モアイ鬼」さんが出てきた。

CIMG4224a.jpg
CIMG4223a.jpg
CIMG4222a.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

[記事] 吉野朔実氏 死去 [他]

CIMG4232a.jpg
CIMG4233a.jpg

-----

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160502-00000107-spnannex-ent
漫画家の吉野朔実さんが死去 「少年は荒野をめざす」など
スポニチアネックス 5月2日(月)14時6分配信
 「少年は荒野をめざす」「ジュリエットの卵」などの代表作で知られる漫画家の吉野朔実(よしの・さくみ)さんが4月20日に亡くなったことが2日、分かった。
 「月刊フラワーズ」(小学館)の公式サイトで「吉野朔実先生がご病気のため4月20日にご逝去されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます」と発表された。
 また、文学にも造詣が深く、月刊誌「本の雑誌」(本の雑誌社)で書評エッセーを連載。「本の雑誌」の公式サイトでも「『本の雑誌』で<吉野朔実劇場>を連載中の吉野朔実さんが、ご病気のため4月20日にご逝去されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます」と報告された。
 1980年に「ウツよりソウがよろしいの!」でデビュー。自分を男だと思っていた文学少女を描いた「少年は荒野をめざす」、双子の兄妹を描いた「ジュリエットの卵」などで知られ、感覚的かつ理性的な独特のネームが読者から絶大な支持を集めた。
 4月28日に発売された「月刊フラワーズ」6月号には、創刊15年記念の第1弾として、吉野さんの読み切り「いつか緑の花束に」が掲載されたばかりだった。

-----

YoshinoSakumi.jpg
http://flowers.shogakukan.co.jp/

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー